借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

進化型カードローンであるアプリローンのメリットとは?



↑ブログランキング参戦中!順位をチェックしてみる

1970年代に銀行のカードとクレジットカードが登場し爆発的に普及して半世紀になりますが、昨年あたりからスマホと専用アプリやQRコードの普及でスマホ決済によるカードレス化が進行中です。
カードローンに於いてはカードなしでカードローンを使う人が増えていますが、果たして進化型カードローンであるアプリローンにはメリットがあるのでしょうか?
カードの無い進化型カードローンの現状を探ります。


借金は最初の5万円が人生を狂わせる。“スマホで借りられる”恐怖
http://news.livedoor.com/article/detail/15846827/


時代はカードからアプリへ

1970年代のコンピューターの進化により銀行取引がオンライン化され、ATM(現金自動支払機)が登場することで預金者が自らATM(現金自動支払機)で決済できる様になりました。それまで預金通帳と印鑑で現金を下ろしていた手間が省け、人々はキャッシュカードを使いATM(現金自動支払機)で現金を出し入れできる様になったのです。
また、カードを使うことでカードローンやクレジットカードも大きく普及しました。
その結果、1990年代に於いて多い人では5枚~10枚、少ない人でも財布の中には複数のカードを持つに至りました。その様なカード全盛の時代はつい最近まで続いた訳です。
特に、最近のカードには暗証番号をカードに記録しないICカードや生体認証カードなどが登場しました。
ICチップ内蔵カードは磁気ストライプカードの本体にICチップを搭載して機能と安全性を高めたもので、生体認証カードはICチップ内蔵カードに生体認証に用いる情報を追加記録したものです。その様なカードの時代に終わりを告げようとしているのがアプリの登場です。

もともと、カードを進化させたのはインターネットの進化でしたが、このインターネットが更に進化することでWEB完結の手続や契約が増えました。
特に最近ではスマホ決済が増えて「お財布ケータイ」と言われる様に、若者の間ではスマホが財布の役割を担っています。巷ではキャッシュを持たなくてもスマホで決済できる店が増えており、これらがスマホの普及がもたらしたカードレス化の波なのです。
カードローンの分野に於いても最近ではカードを全く使わないカードローンというものが登場しています。名称は大手消費者金融会社各社によりマチマチですが、
「カードレスカードローン」「アプリローン」「カードレスキャッシング」などと呼ばれいずれも手続のWEB完結と即日融資を強調しています。


アプリローンのメリット・デメリット

まず、アプリローンのメリットの一番目には、敢えてカードを持つ必要がないことを上げておきます。それまで財布の中にはキャッシュカードやクレジットカードやポイントカードが溢れていましたが、スマホの進化とアプリの進化でスマホを1台持っていれば、全てのことが足りる様になっています。
つまり、全ての手続がスマホやPCなどWEB上で完結できる様になっています。
アプリローンのメリットの2つ目は自動契約機や店舗窓口までローンカードを受け取りに行く必要がなく、自宅にカードが届くまで待つ必要もない便利なサービスであるということです。何しろアプリローンはカードが必要ないのですから・・・
メリットの3つ目はアプリローンは地域による格差がないことで、遠方であっても同じ条件で利用できることです。例えば、東京であれば窓口や自動契約機・WEBなどのいくつかの選択肢がありますが、銀行や消費者金融会社の支店が無い地方や遠隔地の場合はこれまで電話や郵送しか手続方法はありませんでした。
アプリローンはこの様な格差を無くしたと言えます。
アプリローンのメリットの4つ目はカードや明細書が自宅に届くようなことがないので、借金の事実が配偶者や家族にバレ難くなっています。
これは、利用者にとってはとりあえずメリットと言えるポイントですが、中長期的に考えると必ずしもメリットだけとは言えません。

一方でアプリローンにデメリットが無い訳ではありません。
上記の様にアプリローンの登場でスマホ1台が財布や何枚のカードにも匹敵する重要なツールとなっています。従って、スマホを紛失した場合や破損して一時的に使えなくなった場合の影響は従来よりも格段に大きくなります。
また、アプリローンのデメリットの2つ目は余りにも便利なので、使い過ぎに注意する必要があることです。しかも、借金が配偶者や家族にバレることが少ないため、借金が大きくなる危険があることです。借金がバレることで結果的には救われることも有り得るからです。


大手消費者金融会社のアプリローンラインナップ

最後に大手消費者金融会社のアプリローンのラインナップを載せておきます。
アプリローンでは先行しているSMBCモビットの「カードローンなのにカードレス」がありますが、最近、プロミスの「アプリローン」が急迫しています。
また、アイフルの「カードレス契約」やレイクALSAの「e-アルサ」も利用者数を増やしています。異色はJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで、消費者金融会社以外では唯一のアプリローンと言えます。この様に便利過ぎるアプリローンですから、くれぐれも使い過ぎには注意したいところです。

カードローンの仕組みとは?金利や利息の違いをわかりやすく解説!
https://venture-finance.jp/archives/11353