借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

カードローンの進化系「アプリローン」のメリット・デメリット



↑ブログランキング参戦中!順位をチェックしてみる

金融ITの進化は留まるところを知りませんが、そのキーワードはキャッシュレスからカードレスに進化しつつあります。つまり、カードローンの世界に於いても、カードを使わない「アプリローン」が増えているのです。
昭和のカードの出始めを知っている筆者にとっては隔世の感がありますが、利用者にとってはますます便利になっていることは間違いない様です。
ただ、一方で思わぬ落とし穴もありそうなので、カードローンの進化形アプリローンのメリット・デメリットを探ります。


プロミスが打ち出した「アプリローン」の魅力に迫る!
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/pr/238293


プロミスの「アプリローン」とは?

 

もともと、カードローンの出始めの頃は今ほどネットが普及していませんでしたから、
カードローンの申込は人目を忍んで消費者金融会社の店頭カウンターに足を運んだものです。また、最近はネットや無人機などで、申し込みからキャッシングまで完結できる様になっています。
そして、最新のプロミスの「アプリローン」の新規の申し込みの場合は、「アプリ」なら「自動入力機能」が使えるのが嬉しい限りの様です。例えば、住所や名前・勤務先などを利用者がわざわざ文字入力しなくても、「アプリ」なら「自動入力機能」で運転免許証や自分の名刺をスマホでカシャッと撮影するだけで済むので非常に便利です。

そして、キャッシングしたい時には以下の様な手順で申し込めば、全く担当者を介することなくキャッシングすることができるのです。
スマホで「プロミス」のアプリを立ち上げIDとパスワードでログイン。
直ぐに緑色の「スマホATM取引」のボタンが表示されるのでそこを押す。
セブン銀行ATMの操作画面で「スマートフォンでの取引」を押す。
③ATM画面にQRコードが表示される。
④「出金」か「入金」かのボタンが並んで表示されるので借り入れの場合は「出金」を押す。
QRコードを読み取る。
⑥「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示されるので入力する。
⑦借り入れたい金額を入力する。
⑧ATMで現金を受け取る。


「アプリローン」のメリット

 

そこで、以下では「アプリローン」のメリットとデメリットを探っていきますが、
「アプリローン」のメリットの1つ目は全ての手続が便利になっていることです。
昭和の時代に電話で消費者金融会社にキャッシングの申込を行ない、店頭カウンターにキャッシュを取りに行っていた時代は論外としても、最近のネット経由の手続に比べて「アプリローン」の手続は格段に便利になっています。

メリットの2つ目は「アプリローン」の「アプリ」を使うことで、簡単に利用者ひとり一人の現状を把握することができます。つまり、「アプリ」の操作で簡単に現状の借入残高などを把握することができるので、利用者は冷静に自分自身の借金の状態を把握することができる筈です。

メリットの3つ目はセキュリティーの精度が上がり、利用者のプライバシーに対するガードが堅くなっていることです。まず、セキュリティーに関してはアプリを立ち上げる際のIDパスワードと、入出金の際にQRコードで二重にロックされていることです。
また、「アプリローン」では全てがスマホの操作で完結しているので、利用者のプライバシーに対するガードが堅くなっていることも指摘しなければなりません。
一昔前の昭和の時代には店頭カウンターで知り合いに会うことも稀ではありませんでしたし、少し前の時代に於いては消費者金融会社からの郵便物を家族に見られる恐怖がありました。「アプリローン」ではその様な心配は皆無です。


「アプリローン」のデメリット

 

多くの場合に於いてメリットとデメリットは裏表の関係ですが、「アプリローン」に於いても同様のことが言えます。もともと、カードローンの様な金融商品は、便利であればあるほど良いという様なものではありません。
利用者がキャッシングする際に「本当にこの金利で借りるのですか?」とか「本当に返済できるのですか?」と確認するべきですが、便利すぎる「アプリローン」では誰もその様な警告や念押しをすることはありません。つまり、楽に借金ができることが利用者にとってはデメリットになる場合も多いということです。
この点が「アプリローン」のデメリットの1つ目です。

また、「アプリローン」のデメリットの2つ目は個人の秘密が守られることです。
例えば、急死した夫のスマホを妻が見ることができて、やっと、夫に多額の借金があることを知ったとしますと、これは余りにも妻が知ることが遅すぎたと言えます。
つまり、一昔前なら何年か後に妻にバレた夫の借金が、「アプリローン」では最後までバレないかもしれません。
その結果、家族にバレることで何とか返済できた筈の借金が、最後までバレないことで多重債務や自己破産の様な重症の借金依存が増えるかもしれません。

デメリットの3つ目は1つのスマホに個人情報の全てが記録されることです。
「アプリローン」の「アプリ」には「自動入力機能」が付いていますから、運転免許証に書かれた個人情報や勤務先情報などが記録されています。また、使っている銀行情報やクレジットカードの情報もあります。
もし、万が一、スマホを落とし運悪く悪い人の手にスマホが渡った場合、これら全ての情報が一瞬にして盗まれる危険性も排除できません。その様なリスクに対して私達は何か具体的な対策を行なっているでしょうか?
スマホに全ての機能や情報が集中する中で、私達のスマホに対する取り扱い方は電話だけに使った昔の携帯電話と同じです。この点が目に見えない「アプリローン」のデメリットと言えます。

プロミスから今日借りる!プロミスから即日お金を借りるためにはどうすればいい?
http://www.ayswuvalentine.com/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/kariire-sokujitsu/