借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

カードローンやクレジットカードのクレバーな使い方とは?



↑ブログランキング参戦中!順位をチェックしてみる

最高裁判所がまとめた2017年の個人の自己破産申立件数(速報値)は、前年比6.4%増の68,791件で2年連続で大幅に増えています。伸び率は2016年の1.2%増から大幅に拡大し自己破産の増加ペースが上がっていると言えます。その原因として考えられるのが、ここ数年で貸し出しが急増している銀行カードローンの影響です。
そこで、カードローンやクレジットカードを使わないに越したことはありませんが、
どうしても他に方法がない場合でもカードローンやクレジットカードにはクレバーな使い方があります。少しでも利息の負担を減らすための幾つかの方法です。


カードローン残高と自己破産件数の推移
https://www.asahi.com/articles/ASL2C33TCL2CULFA001.html

 

 
カードローン残高に比例して自己破産件数は増加のペースを速めている
  

 

 

自己破産件数は2003年の約24万件をピークに減り続けていましたが、2016年に前年比で1.2%の増加に転じ昨年6.4%増と増加傾向がより鮮明になっています。昨年の自己破産申立件数は68,791件ですからピークの24万件に比べると3分の1にも達しませんが、
このままのペースで増加傾向が早まるとピークの件数に迫る心配も出て来ます。

 その主犯として考えられているのが銀行カードです。銀行カードローンの貸出残高は2013年春からの4年間で1.6倍に膨らみ、消費者金融会社のカードローン残高を抜いています。超金余りの世の中で銀行の貸出が伸び悩む中では、カードローンは突出した伸びを見せています。
その結果、2017年末の銀行カードローンの貸出残高は、前年比5.7%増の5兆7,460億円という途方もない金額に膨れ上がっています。この5兆7,460億円に対して年率で10%前後の金利が掛かっていますので、銀行にとってはドル箱の金融商品ですが借りている利用者はたまったものではありません。

一方で貸金業法の規制で貸出残高を年収の3分の1以下に制限している消費者金融会社のカードローンは、銀行カードローンほどの大幅な増加となっていません。
しかも、銀行は貸金業法の規制外であることで、常識外の貸出を行なった銀行も少なくありませんでした。例えば、年収と同額まで貸し付けたり所得の無い高齢者への貸し付けなどです。したがって、自己破産件数増加の主犯は銀行カードローンだと考えられているのも無理はありません。そんな銀行カードローンは使わない方が良いに決まっていますが、背に腹を変えられない時もあるのが現実です。
そこで、カードローンやクレジットカードのクレバーな使い方として、少しでも利息の負担を減らすための幾つかの方法もあるのです。


カードローンのリボルビング払いは最悪

 

カードローンのリボルビング払いとは毎月、一定額を返済していく返済方法で、毎月の返済額の中身は元金の返済と利息分となっています。
しかしながら、返済額の大部分は利息で占められており元金の返済は極々一部となっています。カードローンのリボルビング払いは毎月の返済額が低く抑えられるので、利用者にとっては一見、楽な返済方法ですが元金がなかなか減らず返済期間が長くなってしまいます。
つまり、カードローンのリボルビング払いは銀行や消費者金融会社にとっては都合の良いシステムですが、本当は利用者にとっては良いシステムではないのです。
したがって、リボルビング払いは選択しないで一括返済か、一括返済出来ない場合でも毎月精一杯返済できるだけの返済を続けた方が良いと言えます。
多くの銀行や消費者金融会社のカードローンは、特に指定しない限りリボルビング払いになりますから注意が必要です。


ローンを組むならカードローンよりも個別ローンが金利は格安

 

最近のカードローン利用者のローンの使途で多いのは生活費の補てんですが、生活費の補てんの中身をよくよく考えてみますと大きな買い物が金欠病の原因だったりします。
例えば、家電・エアコン・パソコンなどを買ったしわ寄せが翌月の生活費に及ぶことも多い様ですが、この様な時は「ボーナス一括払い」を選択することでボーナス時期まで支払いを先送りできる場合があります。しかも、家電量販店のカードを利用すると金利負担なしの「ボーナス一括払い」も多いのです。
また、車を買い替える場合もディーラーのカーローンは遥かに低金利で、現在のカーローンの金利は年率で2%台程度の低金利です。

さらに、各銀行や信用金庫は実際に使った額だけを借りる多目的ローンを持っています。教育ローンや引っ越しローンなど使途が限定されるローンですが、金利は年率で5%~10%程度とカードローンよりは遥かに低利です。
銀行はイメージタレントなどを用いてドル箱のカードローンを全面に押し出していますので、これらの多目的ローンは目立ちませんがローンのラインナップに入っている場合が多いのです。特に、最寄りの信用金庫を一度、覗いてみると良いでしょう。


クレジットカードは一括払いだけにする

 

同様のことがクレジットカードにも当てはまります。
ショッピングでクレジットカードを利用する時は利息を支払わなくていい「一括払い」だけを指定し、キャッシングを利用する場合もリボ払いを選択しない方が良いのです。
リボ払いを選択しないでカード会社に連絡し一括返済できれば利息の負担が少なく済みます。この様な利用法でもカードによってはポイントをもらえることになるので、クレジットカードのメリットは残ります。

これらの方法は個別に支払ったり個別にローンを組みますから、リボ払いに比べると遥かに手間が掛かります。しかしながら、金利はゼロか遥かに低い金利であるばかりか、
将来、カードローンの支払いに窮して走り回るのと比べると損して得取れの方法と言えます。現在の世の中では便利で人が奨めるものほどコストが掛かるものと考えた方が良いのです。


米国で「クレジットカード利用」に急ブレーキ 「生活防衛的」な消費態度を浮き彫りに?https://zuuonline.com/archives/183770

 

「大学進学を後悔」奨学金とカードローンで借金1100万円、自己破産の27歳
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00010001-binsider-bus_all