借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

いつから銀行は消費者金融会社のパートナーになったのか

アコム三菱UFJフィナンシャルグループの傘下に入りプロミスが三井住友フィナンシャルグループの傘下に入って久しいですが、アコムとプロミスは2大フィナンシャルグループの力を背景に、銀行カードローン事業に深く関わっています。
それは銀行法金融商品取引法で規制される銀行と、貸金業法で規制されるアコムとプロミスが相互に弱点を補完し合う関係に見えます。果たして、その様なカードローン事業に於いて、健全な利用者保護が成されているのか否か心配になる局面です。


消費者金融が裏で支えるカードローン 今や銀行の収益源
http://digital.asahi.com/articles/ASK4M31FCK4MULFA007.html?rm=500


アコムとプロミスが保証会社となっている銀行カードローン

 

まず、銀行とアコムとプロミスの関係の中で保証会社を調べてみました。
調べてみて驚きましたが、アコムとプロミスが保証会社となっている銀行カードローンの数が何と多いことか。
もともと、三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社は傘下のアコムでしたが、現在はアコム系のエム・ユー信用保証となっています。このアコム系のエム・ユー信用保証も含めますと、アコムが保証会社となっている銀行カードローンは以下の通りです。


アコムが保証会社となっている銀行カードローン(アコムの子会社エム・ユー信用保証を含む) 
    三菱東京UFJ銀行カードローン
    千葉銀行カードローン
    武蔵野銀行カードローン
    百五銀行カードローン
    十八銀行カードローン
    セブン銀行カードローン
    中京銀行カードローン
    第三銀行カードローン
    じぶん銀行カードローン
    北海道銀行カードローン
    山形銀行カードローン
    岩手銀行カードローン
    群馬銀行カードローン
    足利銀行カードローン
    常陽銀行カードローン
    北陸銀行カードローン
    八十二銀行カードローン
    十六銀行カードローン
    南都銀行カードローン
    伊予銀行カードローン
    宮崎銀行カードローン
また、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっている銀行カードローンは以下の通りです。
    三井住友銀行カードローン
    北陸銀行カードローン
    住信SBIネット銀行カードローン
    北洋銀行カードローン
    きらやか銀行カードローン
    福島銀行カードローン
    横浜銀行カードローン   
    東和銀行カードローン
    長野銀行カードローン
    北越銀行カードローン
    福井銀行カードローン
      大垣共立銀行カードローン
              みなと銀行カードローン
              愛媛銀行カードローン
              福岡銀行カードローン
              沖縄銀行カードローン
上記の様にアコムとプロミスが保証会社となっている銀行カードローンは、メガバンクと一部ネット銀行が含まれますが大部分は地方銀行となっています。


カードローンが伸び悩むアコムとプロミスは信用保証業務に活路

 

貸金業法の改正による総量規制の導入で消費者金融会社のカードローン貸出金額は伸び悩んでいます。消費者金融会社ビッグ2のアコムとプロミスも同様で、アコムの2016年3月期の営業利益と経常利益は最高益だった2002年の1割ほどしかありません。
そんなアコムとプロミスが信用保証業務に活路を見い出そうとするのは当然の成り行きかもしれません。信用保証業務は利益率の高い業務ではありませんが、銀行のカードローンが伸びれば一定の比率で保証料が入ることになります。
そこで、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループの力を背景に地方銀行にプレシャーを掛け、もともと、地銀の子会社が行っていた保証業務を取り込んだと考えられます。


銀行は消費者金融会社とタッグを組みカードローン残高を伸ばしている

 

つまり、総量規制の無い銀行はカードローンの残高を伸ばし、総量規制でカードローンの残高が伸びないアコムとプロミスは信用保証業務に活路を見い出すという構図です。
特に、カードローンの審査や保証は精通しているアコムとプロミスですから、銀行から見れば審査を丸投げしても心配ないことになります。
結果的に貸金業法の総量規制は銀行と消費者金融会社がタッグを組むことで骨抜きにされ、カードローンの高い金利を負担する利用者が損をする構図となっています。
もともと、銀行カードローンの場合は保証料は一切かかりません。カードローンは融資を受けた額に対する利息のみで他に費用は発生しませんが、その分は高い利息に含まれている訳です。いつまで金融庁はこの様な銀行と消費者金融会社による貸金業法の骨抜きを見過ごすのか大いに疑問です。

 

bankruptcy:カードローン問題
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2017/03/bankruptcy-b9da.html