読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

買い物依存症はカードローン予備軍

買い物が嫌いな人は少ないですが、特に、女性やファミリー層にとってショッピングは1つのレジャーとも言えます。例えば、車で郊外のアウトレットに出掛け、ショッピングしながら食事やコーヒーを楽しみ1日を過ごす人も少なくありません。
つまり、適度で必要な範囲のショッピングは良いのですが、何事も度を超すと弊害が多くなります。買い物依存症という言葉がある様に買い物も例外ではありません。
しかも、買い物依存症からカードローンを抱え多重債務に転落する人も多くなっています。そこで、カードローン予備軍としての買い物依存症を考えます。


【まとめて読む】ストレスやさみしさから買い物依存症
http://www.asahi.com/articles/SDI201703161475.html


買い物でストレス発散する人も多い

 

ハワイに行く人が一度は立ち寄るアラモアナショッピングセンターは1959年に開業した大規模ショッピングセンターで、現在でも世界最大のオープンエアのショッピングモールとして人気となっています。そして、このアラモアナショッピングセンターを真似たショッピングモールやアウトレットモールが世界中に増えています。
これらのショッピングモールやアウトレットモールのコンセプトは、デパートや高級ブランドのブティックは勿論のこと各国料理のレストランやフードコートまで多数の店舗が出店していることです。したがって、カップルやファミリーがショッピング・食事を中心にゆっくり楽しむことができます。
特に、その中の高級ブランドのブティックやショップの店員は、顧客を楽しませる術を心得ています。彼らはどんな顧客に対しても親切でホスピタリティ溢れた対応をしてくれます。もちろん、アイショッピングだけの顧客も差別することはありません。
その結果、全く考えてもいなかった高価な物を、勢いで買ってしまった経験がある人も少なくない筈です。


買い物も度を越えると買い物依存症となる

 

したがって、人によっては親切でホスピタリティ溢れた対応を求めて再びショッピングに出かけます。特に、何らかのストレスを抱えた人や孤独感を紛らわせたい人はなおさらです。男性で何らかのストレスを抱えた人は夜の街や風俗で紛らわせる手もありますが、女性の場合はショッピングが手っとり早い訳です。特に、中高年の女性の場合はショッピング以外にストレスを紛らわせる手段を思いつきません。
ショッピングに行けば顔見知りの店員が親切でホスピタリティ溢れた対応をしてくれますから、ついついショッピングが癖になってしまい気が付けば買い物依存症となっています。


買い物依存症の主な特徴は?

 

それでは買い物依存症か否かを判断するために、買い物依存症の主な特徴を見てみましょう。買い物依存症の特徴の1つ目は買う行為で快感を感じ後で後悔することです。
例えば、目新しいスーツを買った場合でも後で全く着ない様なケースは誰にでもありますが、買い物依存症の場合は買う行為そのものに快感を感じていますから買った物には興味が無くなり殆ど使いません。
特徴の2つ目は高価な商品ほど買いたくなることです。例えば、3万円のスーツには全く無関心でも何故か10万円のブランドスーツを欲しくなる様な心理を意味します。
特徴の3つ目は買い物を我慢するとイライラする様になることです。したがって、次第に無駄な買い物が増えていきます。
4つ目は買うために家族に嘘をつく様になることです。例えば、10万円のスーツを「バーゲンで3万円で買った」などという具合です。
そして、最後の特徴として借金をしてでも買う様になると買い物依存症も相当重症で、
その人の部屋はブランド物の洋服やジュエリー・バッグで溢れていることでしょう。
多くの場合、最初はクレジットカードで買っていますが次第にカードの支払いが苦しくなり、やがて、銀行か消費者金融会社のカードローンに手を出すことになります。


買い物依存症からカードローンへ

 

買い物のために家族に嘘をつく様になり借金をしてでも買う様になると、ことは買い物依存症から借金問題に発展します。たとえ買い物依存症だったとしても自分のお金で買っている内は只の道楽で済みますが、借金をしてでも買う様になると道楽では済みません。この様な状態に陥ると自分自身や周りの人だけでは解決が難しくなります。特に、一人暮らしの場合は叱ってくれる人も相談する相手もいないので深刻です。

したがって、専門家に相談するのが最も良い解決策です。
都道府県に1カ所以上設置されている精神保健福祉センターでは、保健・福祉・心理等の専門スタッフが相談に乗ってくれる筈です。また、最寄りの保健所では「精神保健福祉相談」を行っており、医師や保健師・精神保健福祉相談員などが相談に応じてくれます。一度、これらの公的な窓口に相談してみるのも一つの手です。
また、借金に関しては債務整理専門の司法書士や弁護士事務所が無料相談に応じています。一人で悩まずに1日も早くこれらの専門家に相談することが解決への早道です。
 

カフェイン、ニコチン、お買い物……大好き!が依存になっていませんか?
http://menhera.jp/1895