読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金を考察するブログ

「債務整理の森」の執筆担当が借金ニュースについて考察するブログ

貴方は多重債務者ではないと言い切れるのか? 

2015年3月に東京都が法律専門相談窓口等と連携して実施した「多重債務110番」の結果が発表され、相談者の平均年齢は50.4歳で最も多いのは3社からの借り入れで1人当たりの平均債務額は832万円でした。
この数字から判断すると「多重債務110番」の平均像は紛れもなく多重債務者であると言えます。そこで、最新の多重債務者の横顔を覗いてみました。


多重債務110番!もっとも多い相談者は50代?
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170405/Allabout_454665.html


一体、多重債務者は何人くらい存在するのか?

 

多重債務者の正確な人数が正式に調査されたことも無ければ発表されたこともありません。そもそも、金融庁が多重債務者の定義を発表したという報道を聞いたこともなく、
多重債務者の定義さえはっきりしていないのが現状だからです。

例えば、金融庁のまとめで借り入れが5件以上ある多重債務者は2007年2月に177万人いましたが、2015年9月末時点で16万人と10分の1以下になったとのことです。
2010年6月に完全施行した改正貸金業法の総量規制の導入で解消が進んでいるとのことです。果たして本当に多重債務者はそんなに激減しているのでしょうか?
大いに疑問です。

一方で同じ調査で借り入れが3件以上の人は140万人で、平均借入残高は52万円とも公表しています。つまり、5件以上の借り入れがある多重債務者は16万人に激減しましたが、3件以上の借り入れがある多重債務者は相変わらず140万人もいるということに他なりません。これは役人が得意な統計の取り方によって、数字が好転している様に見せる数字のマジックの様な気がします。
もともと、借入が3件までは多重債務ではなくて、5件になると多重債務だという定義など存在しないのですから。 


「多重債務110番」の平均像は多重債務者そのもの

 

一方で今回の「多重債務110番」の相談者の平均像は多重債務者そのものです。
相談者の平均年齢は50.4歳で3社からの借り入れの平均債務額は832万円とのことです。
現実問題として考えますと、年収600万円家族4人の平均的な勤労者世帯に於いて、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローン残高が200万円を超えると債務者1人で返済することは不可能です。
カードローン残高200万円の1年間の利息は少なくとも40万円弱ですから、利息だけで月に33,000円に相当します。その上、リボルビング返済の場合でも元本部分の返済をしなければなりませんから、毎月の返済額は5万円程度に達しビジネスマンの毎月の小遣いを上回るからです。しかも、平均年齢50.4歳で平均債務額が832万円となると、給料の増加は見込めませんから自己破産の危険水域に入ってきます。
その後、「多重債務110番」でどの様なアドバイスをしたのか気になりますが、いずれにしても、弁護士や司法書士などの専門家に相談し1日も早く債務整理手続するべきです。


返済のための借り入れは立派な多重債務

 

2015年7月の時点で個人信用情報機関の日本信用情報機構の発表によりますと、貸金業者2社以上から借金をしている多重債務者は全国に399万人もいるとのことです。
もともと、多重債務者の定義ははっきりしていませんが、ここでは2社以上の貸金業者からの借金を多重債務と判断している様です。
恐らく399万人の大半の人は自分が多重債務者とは思っていない筈ですが、1社の返済に窮したからこそ2社目のカードローンを申し込んだ訳ですから、2社以上の貸金業者からの借金を多重債務と判断しても間違いとは言えません。


多重債務に陥る前に借金の外科的手術が必要

 

ここで言う借金の外科的手術とは月々の返済で何年も掛けて返済するのではなく、家を売って借金を返済するとか親兄弟に泣きついて借金を肩代わりして貰うとか、弁護士や司法書士などの専門家に相談して債務整理手続を進めることなどを意味します。
そうしない限り先程の399万人の何割かの人は間違いなく多重債務者に転落し、その何割かは確実に自己破産に陥ることになります。

つまり、追い詰められて選択肢を狭めるのか、余裕があり自力再生の可能性がある間に借金の外科的手術をするかの違いです。そうしない限り、このゼロ金利の時代に年率20%近い途方もない金利の借金を、何年も払い続けることになるのです。
多くの自己破産経験者が後で試算したところでは、長期のカードローンなどの借金の7割方は利息の返済に消えていたとのことです。
貴方は多重債務ではないと言い切れるのかどうか、もう一度自分自身に問い掛ける必要があります。

 

銀行カードローン、高額融資 80行「年収3分の1超」
http://www.asahi.com/articles/ASK4N5QMTK4NULFA030.html